コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

ホーム > 製品情報 > アルミ/SiC複合材料(鋳造法)

アルミ/SiC複合材料(鋳造法)

アルミニウム合金の中にSiCセラミックス粒子を含有させた複合材料です。砂型鋳造、ダイカストによる鋳造法により製造致します。アルミニウム鋳物、鉄鋳物を現在の形状を変更せずに置き換え可能です。

SA301、SA401

アルミ/SiC複合材料(SiC30~40vol% 鋳造法)SA301/SA401の画像

アルミと比べて

アルミと同等の重さで弾性率1.8倍の高剛性を実現。熱膨張を6割に低減し熱伝導率もアップ。

鋳鉄と比べて

鋳鉄以上の剛性で、約1/3の重さ。熱伝導率は3倍に向上。

部品の材質をSA301に変えるだけで装置性能が格段に向上します。

こんな良いことも

既製部品と組み合わせる場合、熱膨張差が原因で変形、歪が発生しませんか?
SA301は金属(ステンレスや炭素鋼)に近い熱膨張係数を持っています。

特長

  • 軽量 鋳鉄の約1/3!
  • 高剛性 アルミニウムの約1.8倍!
  • 低熱膨張 アルミニウムよりのびにくい!
  • 高熱伝導 アルミニウムより熱を逃がす!

用途

  • 2mサイズ超えの液晶製造装置用テーブル
  • チップマウンター用高速部の部品
  • 工作機械部品(下記に採用例あり!)

関連リンク

お問い合わせフォーム